Reading Tour

よく停滞、時に更新、きままな読書系ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

愛についてのデッサン/野呂邦暢

「万年筆のキャップをはずし、原稿用紙に
たった一行でも文を書けばそれが詩になる」
佐藤正午は解説でそう語る。

野呂邦暢の作品を読んだのはこれが初めてだ。
わたしが生まれる前に、こんな情深く穏やかな文体を
持った作家がいたことに感慨深くなる。


これから、という時に野呂邦暢は心筋梗塞で亡くなった。42歳だった。早すぎる死だ。
丸山健二がエッセイ上で彼の死を惜しんでいた。
山口瞳も連載エッセイで彼の死について書いていた。
二人とも滅多なことでは人を誉めないし、認めない。

『愛についてのデッサン』は古本をめぐる青春小説だ。
六つの短編連作小説の形を取っている。
その中では表題作が素晴らしい、の一言に尽きる。

主人公佐古啓介の過去の恋愛、行きつけの喫茶店の女性の失恋、
そこのマスターとの静かな会話、そして死。
これら複数の話が、丁寧な筆致で綴られる文章で関連づく。
この作品は構造的にかなり巧みに、計算高く作られている。

一読して心にあたたかいものが残った。すぐさま再読して構成の巧みさに唸った。
今年読んだ本のなかで、一番ぐっときた。高かったけど思い切って購入してよかった。
いま、『草のつるぎ・一滴の夏』を読んでいる。

野呂邦暢という作家を今まで読み落としていたのはもったいなかった。
もっと読んでみたい。しかし、彼の作品はほぼ絶版となっている。
野呂邦暢が、佐古啓介が、どうやら古本屋で待っているようだ。
Tags: 

スポンサーサイト

PageTop

語録・名文14

◎私は大統領にだってなりたいとは思わない……しかし、妻の言葉にはまいった。別の角度からみれば、私は交通警察官にはなれないほど歳をくったし、大統領にはなれない若造だ――つまりは三十代初めという中途半端な歳ごろ、というわけだ。
 この歳ごろはかなりつらいことが起きかねない。だからこそ、三十代初めの人々に、とっぴなことをしでかす人が多いのかもしれない。
(カルヴィン・トリリン、エッセイスト、詩人)

◎三十代では、後半になっても、私はまだ若い、という気持ちにしがみつく。それが四十ときたら、災厄のように思われた。もちろん、ほかの道を考えて、切り抜けたがね。しかし、その年齢を通過すると、音の障壁を突破したときに似ている。こちら側もそう悪くない、と気付く。そうして、ゆっくりと順応する。そいつは、成熟していく過程の一部なのだよ。
(ノーマン・コーウィン、作家、映画監督)

◎(五十を越えたら)偏屈になり、些細なことにもすぐ苛ついてしまう。放送局に腹が立つ。だって、嫌いな歌ばかり流すじゃないか。こっちは、ビートルズが解散してからできた歌はぜーんぶ嫌いだし、かといってビートルズにもあきあきしている「懐メロ」番組で九億回も流されたんだから。
 自分以外の車は、みんなスピードを出しすぎると感じる。三十以下の連中を「青二才」だと思うようになる。まだ生まれていなかったくせに、大恐慌時代には世の中が厳しかったんだ、と青二才に説教したくなる。
 とはいっても、五十を越えたら、いいことだってある。なにしろ私たち戦後生まれの世代は、このうえなく情けないうぬぼれの基準を作り上げたんだから。
(デイヴ・バリー、ジャーナリスト)

◎みなさん。八十歳まで届くように努めなさい。人生で最高の時期ですぞ。人々はあなたがどんなことをしでかしても、許します。私に言わせれば、人生は八十歳から始まるのです。
(フランク・ローバック、学者、識字率を上げるために103の国をまわった)

◎百歳まで生きる方法を記者たちから質問されて、グランマ・モーゼスはすらすらと答えた。「たくさん笑いなさい。もし一人でいるのなら、ジョークを考えなさい。いい気分でいること。忙しくしていること。これが秘訣よ」
(グランマ・モーゼス、ニューヨークの農婦、老齢になり田舎の風景を描きはじめる。これが評判となりニューヨーク近代美術館で個展を開催。百歳時のパーティーでのインタビューより)

所出、『バースディ・ラブレター』より

PageTop

持ってる本がプレミア価格になっている

ちょっと前に書いた「B級本のススメ」というエントリーで紹介した
SMAPへ』という本。(既に絶版?)
これが「きっこの日記」に取り上げられて、価格が高騰しちゃった。
9月25日現在、amazon上で最安値、9799円で売られている。
ランキングも一時期TOP10に入ってた記憶がある。

買ったのは去年の7月ぐらいだったけど、普通に本屋で買えたんだけどねぇ。
告発本とはいえ、それほどセンセーショナルな内容じゃないと思うし、
位置づけはB級本にしたがしっくりくる。

だってさ、例えば
「スターウォーズのオーディションがあるからyouたち裸で四つん這いになりなさい!」
みたいな、思わず「ん?…………(笑)」ってなる文章が所々に入ってる本をさ、
とてもじゃないけどまじめに読めないよ。

一万円はたいて買ってしまう人はいるのだろうか、、、
買ったら最期。焚書坑儒したくなるんじゃないでしょうか。
いや、本当に。

PageTop

語録・名文13

◎石原慎太郎が、人気作家として売り出したまっ最中に、私に云ったことがある。
「僕は、これからの作家は、行動することによって、作品を書かねばならないと思います。某ホテルの受付の娘を、僕は、ヨットに乗せて沖へ出て、セックスをやり乍ら、彼女に思いきり官能の叫びを、海原へひびかせてみたのです」
 私は、阿呆らしくて、返辞をしなかった。(中略)
 代議士となった石原慎太郎の面相が、もはや文学者のものではなく、暴力的ないやしさをむき出しているのは、本性の正体を示している。こういう"行動"派に、権力を与えると、たちまち、「今太閤*」とは別の意味で、自己顕示欲の権化となるのではあるまいか。
注:今太閤*……田中角栄
(柴田錬三郎、作家、『柴練ひとりごと』より。今からちょうど30年前の発言。こういう慧眼を持ってこそ作家は作家だと思う。今、どれだけ人物を見抜ける作家がいるだろうか。)

◎我々はみんな認めていることだが、過去は終わっているのだ。(ブッシュ現大統領)
◎過去は死んでいない。過ぎ去ってさえいないのだ。(ウィリアム・フォークナー)
(所出は06年5月3日付け朝日新聞より。「去る者日々に疎し」とはよく言ったもの。今となってはフォークナーを知っている若い人は少ないんだろうなぁ。かくいうわたしも「意識の流れ」小説は苦手だからそれほど読んでもいないのですが)

◎Patriotism is the last refuge of a scoundrel.
(サミュエル・ジョンソン、文学者。訳すなら「愛国主義はならず者の最後の逃げ場である」。時代を問わず、世界各国、こういう風になるみたいです。)

PageTop

現在読書進行中

積ん読されてから5ヶ月近く放置されているものにやっと手を出せた。
手に取ったのは重光葵『昭和の動乱 上』中公文庫BIBULO。

まだ半分しか読んでいないけれど、
これが実に面白い。
1920年前後から始まり、
二・二六事件が終わったところまで読んだ。

軍部がどんどん枝分かれしていく様子が書かれている。
まず軍部が政治家を政治から追い出すのが1920年後半。
そこから、どんどん枝分かれしていく。

軍部は陸軍と海軍に分かれ、
軍部中央派*と関東軍にも分かれる。
関東軍は北進派と南進派に分かれる。

*……東京を中心とした軍部。日本政府の意見もくみ取る。

また、軍部は皇道派と統制派に分かれ、
皇道派は先輩、後輩で対立していく。
そして、皇道派の中の後輩、
つまり青年将校が起こしたクーデターが二・二六事件となる。

受験は日本史でした。
教科書だと数ページで終わる箇所を、2~30倍のページをかけて読みこなしていくと、
使ってないとこの頭がぐるぐる開拓されて、興奮して、知恵熱にあふれた。
懐かしい人物・用語が出来事に応じて、カチッカチッと当てはまっていく。
出てくるものごとが無機質じゃない。当時生きていた人間が未曾有の出来事を
どう対処していくのか、動的な文に満ちていて面白い。時間を忘れて読み耽ってしまった。

久々に知的興奮を得られた日だった。
今日はうまく寝られるかな?

PageTop

笑いに笑う

馬鹿笑いっていいなぁと思う今日この頃、
笑いの沸点が低いと良いね、と自分でも思います。
金曜の夜はオヤジギャクでも笑うさ。笑え笑え。

さて――
google earthの日本語版が出て自分も早速遊んでみました。
色んなところ行ってきました。
海外旅行満喫した気分です。

でも、あちこち行ってみただけ。
自分の想像力のなさを痛感しました。
想像力は無限だ! と思うお馬鹿ニュースを見つけて
人類はまだまだ伸びると確信しました。

そのバカニュースはこちら
Google Earth shows topless sunbather

google earthにtoplessのオネーサンが写っていたそうで。
わざわざその人の自宅に突撃しにいくテレビクルーが大好きだ。
A television crew paid her a visit but she was -heh- "not at home".


ちなみに場所は「52° 4'43.32"N 4°19'58.00"E」です。
さ、明日も頑張るか。

PageTop

気になる本

本屋に行った。
新書コーナーへ向かった。
新刊コーナーを見てみた。
この本だけが、平積みされている新書群の中でへこんでた。

どうなんだろう、売れるのかな?
何となく思った。

数ページ立ち読みした。
おもしろそう。
でも買わずに出てった。

店を出ると同時に雨が強くなった。
スタバに逃げた。
それでも服が湿っぽくなってた。
最悪だった。

PageTop

今月のよさげな映画

ハイチという国は調べればすぐ分かるのだが、ものすごくどん底な状況にある。
2004年2月、アリスティドに政権が変わってから――といってもアメリカの都合と
言ってもいい――政情が一際不安定になった。わずか2ヶ月でアリスティドは追放、
それから一年と十ヶ月後、つまり06年の2月にようやく別の大統領が決まった。
隣国のドミニカ共和国は安全に旅行できるのに、治安に差があり過ぎる。
ハイチ
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=255#header
ドミニカ共和国
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=252#header

ハイチは政情・治安・経済に関して、アフリカ級*と言ってもいい。
平和な日本に暮らしていれば、そういう世界情勢を忘れていてもお気楽に暮らしていける。
それに、たとえ知ったとしても「何も出来ない」ことに絶望する。そこで思考停止する。
そして日常に戻る。

それでもハイチという国の現状を知っておいたがいい、いつか何かの契機になればと思うので。
そんなハイチを扱った映画の紹介。
といってもわたしもまだ観てないので、近く、観に行くと思います。

「ミラクルバナナ」
公式HP
http://www.miracle-banana.com/

「ホテルルワンダ」とか「ミラクルバナナ」に関しては、
ただの映画鑑賞として観たくないや。
それこそ、したり顔で「××がなってない」とか「演技が下手だ」とか
そういうのはやめておこう。


*……アフリカと言えばジンバブエがとんでもないことに。
ジンバブエ、1200%の超インフレ
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200609160012.html
ソマリアもずっと無政府状態が続いている。イラクよりも状況は最悪でしょう。
南アフリカのヨハネスブルク。駅前は15分に1回強盗が起きるんだとか。
ワールドカップは大丈夫なんだろうか。

PageTop

深代惇郎の天声人語/深代惇郎

坪内祐三『考える人』によると、
1976年生まれの編集者が深代惇郎を
知らなかったというエピソードが書かれている。
つまりそれ以降の世代は深代惇郎を知らない世代と言える。

わたしだって高校の国語教師から文体模写として深代惇郎を
勧めてもらえなければ知らないまま過ごしていただろう。
30歳未満でどれくらい深代惇郎を知っている人はいるのだろうか。

もっとも、深代さんを知らなくても無理はない。
知りたくても、深代さんの本はすべて絶版になっているのだから。
深代惇郎の著作は4冊。『深代惇郎の天声人語』『続・深代惇郎の天声人語』
『深代惇郎エッセイ集』『深代惇郎の青春日記』。これに『天声人語8』を加えて計5冊。
これらはすべて古本屋で探すしかない。

深代さんの書いたものには、ユーモア・皮肉・哀愁がある。
例えば佐藤元首相のノーベル平和賞受賞に際し、「何もしないことで賞を貰えるんだったら、
オレだってノーベル平和賞だ!?」と天声人語上で言い放っていて、何とも痛快で面白い。

また、新幹線の騒音問題(スピードを減速するかどうかの是非が当時あった)に関して
謡曲のたとえ話を持ってくる。下手には上手が分からない。名人が下手の間に割って謡を
うたったとしても、下手は構わずうたい続けるだろうから従者に
「あれは、とまらない(名人がうたったとしても、良さが分からず
しかも自分に心酔しているから謡を止めない)」と語る。
そういう逸話を紹介し、国鉄に対し「これは、とまらない」と結びの文で締める。

「減速すべきだ」という批判の言い分を聞かない国鉄に対して、
強烈な皮肉をユーモラスに浴びせる。
出来そうで出来ない芸当だ。

800字前後で書かれたものの中にさり気なく知識を入れている。論理構成も明快だ。
志賀直哉と違う意味で文章に隙がない。そのまま音読しても何ら問題ない。
最近読み直して国語の先生がなぜ勧めたのか、今、あの時以上によく分かった。
すごい、の一言に尽きる。

天声人語にブランドをつけたとするなら、深代さんの功績はかなり大きい。
彼と荒垣秀雄さん*が天声人語の地位を作り上げたと言ってもいいだろう。
そんな朝日は現在進行形で酷いことこの上ない。荒垣さんが亡くなった1989年に
朝日はサンゴ事件を起こした。それは朝日の凋落の序章だったのかもしれない。

坪内さんは『考える人』の深代さんの項の締めとして復刊を望んでいるが、これには大賛成。
ちなみに深代さんの項を執筆したのは2004年。それから2年経っている。
いつまでも復刊しない朝日の態度は偏執としかいいようがない。

*……荒垣秀雄さんは1946年から1963年まで17年間、天声人語を執筆された方です。

追記06/09/18
今は天声人語ではなく、読売の編集手帳がよい。中公ラクレに現在10冊出ている。
担当しているのは竹内政明さん。良い書き手と思います。
Tags: 

PageTop

夜のピクニック/恩田陸

映画化&文庫化記念を祝して書いてみます。
第二回本屋大賞及び吉川英治文学新人賞受賞作。

すごくよくできた小説だと思う。
前半は意味ありげな複線をいくつかはっている。
それらは読み進めていくと見事に解消されていく。

早く知りたいと思わせるところで、主人公が変わって
真相はしばらくお預けになる。そうしたらそうしたで、
              今度はまたこっちで意味ありげな出来事が起こる。

基本的に読者を飽きさせない展開だ。こういうのは良い意味で憎らしい。「早く教えてよ!」と
思いながら読んだ。高校生時に読みたかった本かもしれない。あの頃を過ごしていた時の
葛藤やら悩みが懐かしくも甦ってきた。何とも甘く、そして切ない思い。

さて――
ここからきちんと論じてみたい。
『夜のピクニック』は一見するとただの青春小説だ。学園ミステリーやら恋愛やら、
色々混ざっているものの、全体を通読すると、やはり青春小説だと思う。
ここに異論はない。

その先にあるもの、作者本人がそうなのかもしれないが、『夜のピクニック』には女性軽視的な
展開がある。薄くではあるが、ホモソーシャル的でもある。
恩田さん自身が女性であるにもかかわらず、女性そのものを否定している。

西脇融視点でこういう心理描写がある。
 
一回お話しすれば済むのかい? この先俺と続けていく気が本当にあるのかい? ひょっとして、受験の間だけ、一緒に励ましあったり、一緒に帰ったりしたいと思ってるんじゃないかい? 俺の知ってる先輩で、大学まで続いたカップルなんて、一人もいやしない。俺たちはもう受験しか残ってない。その間に、「高校時代の恋人」というアルバムの写真を残そうとしていないかい? 最後のページに写真を貼って、項目を書いたシールを貼ってしまえばもう安心。確かに彼は存在したのだと後で言える。
 急に嫌悪感が込み上げてきた。

戸田忍がこういうセリフを吐く。
「正直というか、何か変だよ。愛がない。打算だよ、打算。青春したいだけだよ。あたし彼氏いますって言いたいだけ」

彼らの標的になっているのは、内堀亮子といういかにも女の子的なキャラクターだ。
彼女は小説の中でかなり印象が悪い。男性キャラだけじゃない。女性キャラからも
良い印象を持たれていない。

そうした描写がある中で、完璧な人間が『夜のピクニック』には登場する。
志賀清隆は成績が常にトップなだけでなく、スポーツマンでハンサムで、人格的にも誰からも一目置かれる好青年。美和子は言わずと知れた才色兼備なお嬢様。

男性主人公である西脇融もハンサムという描写があり、親友役の戸田忍も聡明で勘が良い。
男性陣はみなパーフェクトだ。女性役も敵役である内堀亮子を除けば、パーフェクトだ。
榊杏奈は帰国子女の美人。スタンフォード大学に合格している。
後藤梨香や梶谷千秋は早慶目指すぐらいだから頭も良い部類にはいるだろう。おまけに
貴子との会話から察するに、「いい人」たちでもある。ちなみに千秋は恋愛観に関して、
かなり大人な視点を持っている。そういう描写がある。遊佐美和子は上記の引用にある通り、
美人という設定だ。

女性主人公の貴子は彼らと友情を成立させ、うまく適応している。彼女はストーリー中
何度か劣等感や不安・悩みを感じている。そういった描写があるものの、
最終的に彼女は解決し成長していく。
基本的にデビュー作である『6番目の小夜子』と変わらない。登場人物が少し増えただけだ。
できる人たちの環境の中で、普通という立場の主人公。

わたし(reading_tour)自身そんな環境にいたことない。だから、ストーリーを楽しめたけど、
共感しなかった。コンプレックスに潰されそうな中で何とか「普通」を手に入れようともがく
主人公の方がよっぽど共感する。これは個人的な嗜好の問題。

閑話休題。

ここから察するに、恩田陸さんは女性そのものをかなり嫌っているミソジニーの持ち主では
ないだろうか。女性特有の打算、ずるがしこさ、そういったものを嫌い、極めて単純な価値観
――容姿・地位の高い人間――が好きなんだと小説を通して読み取れる。

男性的なミソジニーを男性作家が持ってても何らおかしくないが、
女性作家が男性的な視点のミソジニーを持っているのはなかなか面白い。
恩田さんは客観的に男女を観られる希有な人だと思う。恩田さんを評価できるのは
そこにある。恩田さんの読者層なんて知らないが、男女ともに人気がある作家では
ないだろうか。

例えば村山由佳なら、もっと内堀亮子を擁護しようとするだろう。
(ex:『天使の卵』で女性そのものなのは夏姫)他に、豊島ミホ、島本理生も
女性そのもの主人公ばかり書いている。江國香織もそうだし、よしもとばななも山田詠美も
あらゆる女性作家はみな内堀亮子的なキャラを自身の作品上でボコボコにしないだろう。
恩田さんだけがボコボコにするw(敬称略)

誰か「現代女性作家に潜む男性的ミソジニー」というテーマで論文を書いていないだろうか。
もしあるのなら読んでみたい。
Tags: 

PageTop

おつかれ気味三昧

本のレビューとかそろそろ書いてみようかなと思う、だけで実行しません、
代わりに芸能界を取り巻く環境をうまくまとめているブログ発見したので、
それを紹介。
http://d.hatena.ne.jp/light-is-right/20050711

知ってる人は知ってる。けど、知らない人が見たら卒倒もの。
芸能界のドンことバーニングの周防さん。そしてジャニーさんに、ケイダッシュの社長。
この人たちはずうーっと君臨してるなぁ。あの業界でトップってだけですごいのに
ずっと維持っていうことはどれだけ権力を持っているんだろう。ただただ感心。
でも世代交代が起きてもおかしくない時期だけに跡継ぎ問題はどうなってんだろう。

上であげたブログと、吉本、松竹芸能&電通・博報堂といった
広告代理店あたりの情報知れば、芸能界情報はほぼ網羅できるんじゃないかしらん。
ちなみに上のブログは日付見たら一年前に書かれているもの。
今年に入ってブレイクした人たちたくさんいるでしょ。
芸能界=事務所の力ってのがよく分かる。

「なんじが久しく深淵を見入るとき、深淵もまたなんじを見入るのである」ニーチェ
お粗末様でした。

追記 06/09/13
ブログ検索しても芸能界の情報を書いた個人ブログが見当たらない……。
まずい情報? いや、まさかそんな……。というわけでアクセス解析考慮しながら、
このエントリーは置いておきましょう。いつでも消す準備は万端だw

PageTop

寝れない日の日記グダグダ

眠れないから、メモも兼ねて何でもかんでも貼り付けてみる。

なぜ起こる? 「炎上」の力学
blog&snsやってる人は読んでおかないと。

大学生にもなって今さら聞けないコト。まとめwiki
大学生じゃなくても重宝するかも。理系じゃないから「自然科学」のところに感動した。

学区別世帯年収
伝統的な学校は世帯年収も高い。これをネタに何か書こうと思ってます。書く気が起きたら。

◎youtube
Kylie Minogue - Come Into My World
okGo - Here it Goes Again (Threadmills)
Weapon Of Choice - Fatboy Slim
Chris Jongkind - New Line (trains in Tokyo, Japan)
音楽で好きなものを適当に。映像が面白いよ。

◎stage6(要DivX)
SUPERFLAT MONOGRAM
おもしろかわいい。

◎個人的チェック
mink
売れるかどうかはavex次第。歌唱力あるから期待。ジャケが良い。
ena
minkのジャケを書いている人。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。