Reading Tour

よく停滞、時に更新、きままな読書系ブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

目の前を

土曜日の話。
ジュンク堂に行った。
ジュンク堂は3階によく行く。
3階は文芸・新書・文庫コーナー。

下りエスカレーターの前に新刊が平積みしてある。
時にはサイン本も置いてある。
新刊本の奥にはカウンターがある。
検索用コンピューターが置いてある。
また書店員がそこで雑務している。

新刊本を立ち読みチェックしていた。
書店繁盛記』という本をパラパラと読んで、元に戻した。
そのとき、背後を書店員が通っていった。
作者だった。カウンターで何かしていた。

彼女はPOPに描いてあった人のよさげな風貌なんかじゃなく、
いかにもやり手の人間だった。
良い意味で厳しい人だと思う。
そんな目つきをしていた。

ただし、古本屋のおっちゃんがみせる眼の鋭さじゃない。
どちらかというとビジネスマンが持つ鋭さがあった。
しかも経営者的な眼光、有り体に言えば商売人の眼光だった。

まぁ、さすが副店長だね、って感じだった。

コミック 文体練習』をその日は購入。
サイズが大きかったのでちょっとびっくり。
その日の内に読み終えた。
ブルボン小林風に言うなら、ぐっときた。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。